看護師と母親の両立…厳しいですよね。

看護師をしていたとき、思ったこと。 家の家事や、子供の育児をしながら、どうしてみんなこんなに頑張れるんだろう。ということ。 女の人って、本当にすごい。 実際に、看護師として働いていたとき。 子供が小さかったときは、本当に大変でした。 私の主人は、家事はほぼしない。 というか、主人の仕事も激務だったので、家事を手伝ってとは言えなかったです。 家事も育児も、自然に私一人…

続きを読む

看護職の宿命 腰痛対策

高校時代の友人2人と、この間、温泉旅行に行ってきました。 その二人が「いたたたた・・・腰が・・・」とうなっていました。 看護職につくと、腰痛は宿命のライバルとでもいいましょうか、 ずっと付き合っていかなくてはいけない病気のようなものですね。 その友人の一人は、立ち上がる時も、腰を曲げるときも、とりあえず痛い、長年の付き合いだから仕方ないわ。と言っていました。 私も腰痛は…

続きを読む

歯科外来について:診療介助と器具の嵐!

今日は歯科外来をお願いしますね。と言われたとき。 毎日歯科外来にいるなら良いのですが、助っ人として入っていたので、 ちょっと期間が空くと、びくびくしてしまいます。 理由は、器具の名前がわからなくなる( ;∀;) 主に、歯科外来では医師の介助を行います。 抜歯の介助や、器具を言われたら渡したり、次々に変わる患者さんに合わせて用意したりと。 頭の中がフル回転になります(私…

続きを読む

夜勤のお友に、たんぱく満点のプロテインドリンク!風邪予防に黒酢!

外科病棟に勤めていたときの体制は、3交代勤務でした。 今は勤務体制が改善されたようですが、そのころは居残りが当たり前になっていました。 朝8時から夕方5時まで日勤。居残りして、帰宅が22時。 家に帰って1時間仮眠して、夜中0時から朝8時まで夜勤…。 なんて生活を送っていました。 睡眠時間が1時間だと、当たり前ですがしんどい。 ミスも出やすくなりますし。眠気との闘いがすごか…

続きを読む

外科病棟:日々勉強とスキルアップ 私の看護師としての自信へ

外科病棟は、大学を卒業して就職して初めて勤務した病棟です。 わからないことだらけで。 学校で習った事と全然違うことばかりで。 必死だったのを懐かしく思います。 医科大学付属病院に就職して、すぐに どこの科に行きたいか、というアンケートがありました。 循環器系のことを勉強したいと思っていた私は、 循環器外科病棟を第一希望に書きました。 そして、見事、当選(笑) …

続きを読む

外来看護と病棟看護との比較:メリットとデメリットとは

外来看護は、病棟とは大きく違います。 外来看護には、 病棟にはない大きなメリットもあります。 でも、 「自分が求めているものがない」と 外来ではなく病棟看護を選ぶ方もいます。 外来看護と病棟看護、どこがどう違うのか。 両方に勤務した目線からまとめてみようと思います。 病棟看護のメリットとは ・患者さん…

続きを読む

外来看護の特徴(2):迅速かつ正確に。流れ作業的な業務も

外来では、たくさんの人が来院します。 笑顔、思いやりも大切ですが。 そんなことより、早く診察して! と、時間優先の人も多いと思います。 医師が診察をスムーズに行えるようにすること! これが、外来看護の最大の役割と言っても良いかもしれません。 実際、外来でする業務のすべてにおいて、 迅速かつ正確さが求められます。 各科によ…

続きを読む

外来看護の特徴(1):一期一会!笑顔!そして心の支えに。

私は、病棟勤務の後、 外来勤務に異動しました。 外来勤務では、 最初は外科外来にいましたが。 そのうち、 たくさんの科をその日その日で 助っ人としてまわるようになりました。 そこで見えてきたことを まとめてみようと思います。 外来は一期一会である!   病院の顔であるナースは笑顔と思いやりが大切! 外来は、病気を心配する…

続きを読む

内科病棟の特徴:介護度が高く深い看護ができる

内科病棟にも勤務したことがあるので、 体験談をお話したいと思います。 外科に勤めていたころ。 外科は手術の患者さんが多く、 緊急の処置なども多い。 内科は、 長く看護する患者さんが多いから、 外科に比べたらおっとりした雰囲気なのかな? な~んて思っていましたが。 とんでもない!!!Σ(゚Д゚) ま~~忙しい忙しい! …

続きを読む

外科病棟の特徴:看護師としてスキルアップできます

外科病棟について体験談をお話します。 病棟の入院患者さんは、 ほとんどが手術を待っている方か 手術して帰ってきた方がおられます。 術前看護は、主に他の科と変わらないと思います。 説明、検査、準備、など、 患者さんの不安が軽くなるよう、 寄り添う看護をしていきます。 手術は、大きい手術が多く、傷も大きかったりします。 循環器、消化器の手術はほぼ…

続きを読む